大煙突のゆくえ

東大は敷地が広大でいろんな門がある。
その中でも地味目(!?)の池之端門と弥生門の間くらいにある工学部の大きな煙突。
言葉で説明するのが難しいけど、崖のようになっている敷地の下が
ちょっとしたロータリーのように広くなっていて
タクシーの運転手さんの休息の場になっている。
そして大煙突はランドマークのように遠くからでもよく見える。

今までも何度か写真に撮った煙突に、最近足場が組まれた。
そして根元に穴が開けられていた…。

壊すのかなぁ。

確かに建物は古くなってたけど…。

東大では、工事をしていない事がないくらい次々いろんな所に足場が組まれている。

今なら、病院裏の駐車場、工学部のレストランがあった棟など
工事中だった御殿下記念館は完成。
古い部分を生かしつつ拡張した感じでグッジョブ!と思った(何者?)

煙突のゆくえを日々見守りたいと思っております。
1東大ウォッチャーとして(笑)
煙突
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する