いただき紙3

私は包装紙やら紙袋やらを愛でた後どうするか?
「捨てる」のは忍びないので「成仏」させるわけですが、
1つの方法として、「ぽち袋を作る」ことで決着をつけております。

なぜぽち袋か?というと
包装紙は包むものによって大きさはまちまち。
これは封筒にできるけど、
こっちは面積が足りなくて出来ない…では大きさが揃わない。
きっちり揃っているということがとても大切。
お菓子の箱のかけ紙も、ぽち袋だとだいたい取れるので…。
ぽち袋ひらき 

ところが今回、とても大きい紙をたくさんいただきました。
包装紙の元の大きさのまま、巻いたもの。A2とかB2とか。

ぽち袋を作っても随分あまるわけで、新たな保存法を。
と言っても大したことはない(^_^;)同じ大きさに切って
単語帳のリングで閉じる。
包装紙色々 

この方法と大きさは、ラフスケッチをまとめるのに元々作っていたノートと同じ。
こちらもきっちり揃って増えていく上に
デザインの良さは伝わりやすい。
紙の手触りも確認しやすい。良いかも〜。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する