シンポジウム

東京都美術館講堂で行われた
「美術と表現の自由」シンポジウムに参加して来ました。
開場とともにすぐに満員に!
取材も入って、立ち見も出るという
非常に熱気溢れるシンポジウムとなりました。

シンポジウムチラシ 

4時間という長丁場でしたが、私は非常に面白かった!
色々な事例報告で、今まで知り得なかった事実に驚き、
美術館側の構造的な問題も、作る側の姿勢も、法律的な観点も
限られた時間の中でかなり掘り下げられたと思いました。

マンガに描いたら、私の耳は相当大きくなってて
脳内の信号はフル稼働して点滅を繰り返していたと思います。

時間があれば質疑応答からも新しいやりとりが生まれかも…と思いますが
次回の開催を期待したいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する