やはり魔物が…

久々のサッカーネタです。

W杯アジア二次予選。
初戦のシンガポール戦、あなどってはイカンとは皆思ってたはず。
ハリルホジッチ監督も「W杯予選には魔物がいる」と言ってたし。
試合後

でもあれだけガチガチに引かれて戦う時に
それを破ってチャンスを作ったら入れないと。
1点入ってたら全然違ったと思う。

シンガポールのキーパー、良かったし。
キレてた頃の能活を思い出しました。
あれで、何かの折に日本のディフェンスとキーパーがぶつかって
上がってたシンガポールのフォワードがヒョロっと流し込んだら
マイアミの奇跡ならぬ、埼玉の奇跡と言われたのでは?
などど思ってしまいましたo(´^`)o

徐々に、選手もベンチもサポーターも
マズい、このまま行ったら…、と思う。
全員のその集合意識が、ますます大きくなって
なんだか皆で身動きとれないような(気持ちのうえで)
そう言う状況を作ってしまった気がして。

今後の課題ですね。ほんと。

ところで、私はBSとテレ朝を行ったり来たりしながら観戦してたんだけど、
例のキレキレだったキーパー、
BSではイズワンという名前で
テレ朝ではマフブードという名前でした。
発音云々の問題じゃないくらい違う。何で?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する