奇跡の回復犬

先日、長時間留守にしていた日
ホップが大変な事になっていました。

18歳、目が見えない
そして体調が悪いときは、ウロウロ歩く
前進はできるけど、バックは出来ない。
足腰が弱くなって来たので、前傾姿勢で常に床に鼻がついている。
(湿った鼻で常時お習字をしているような感じ)
ホップ

などなど、年相応にまあ難儀な事ばかりですが
食欲と体力はある。そして彼は基本的に暢気です。
神経質な犬もいると思うけど、色々気にしない。

ただ、時々細〜いスキマに鼻を突っ込んで力強く前進してしまうので
壁の角でどうしようもなくなってたり
洗濯機と壁の隙間にはさまって鳴いていても
しばらくの間どこにいるのかわからないという様な事も。

市販のガードは格子なので、
絶対鼻を突っ込んでバックできなくなる。
と、いうことで
出かけるときは見た目無視の段ボールを積むバリケードで対処しております。
でも、たまにそれを突破する。

先日は、バリケード裏にあったイスのここに頭を突っ込んでいました。
いす

もがいても取れずそのまま前進。
立てなくても、引きずって前進。
どのくらいそうしていたのか、私が家に着いた時には
呼吸困難でぐったりしていました。
もちろんいろいろ排泄(> <)

洗って、(熱が出たので)冷やして
徐々に呼吸が落ち着いてきて
その後はぐったり。3日位水のみ。

今回も覚悟しました。

水が飲めるなら、という事で
前回も活躍した鯛のスープ(鯛のアラで出汁をとったもの)
これを飲むと、また徐々に元気に。

元気が出て来たところでご飯をあげてみたら
次の日は一日中吠えてた。
何か訴えたいことがあったらしい。
「ひでぇ目にあったぜ!」と言いたかったのか…。

そして今はやっと普通に。
ねる

鯛のパワーはすごいよ!(byホップ)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する