印刷の怪談 (((>o<)))

印刷のお話です。
ちょっとだけ専門的なので、ところどころ解説します。

年に4回やってる冊子の仕事があって、
表1-表4が4C、中は特色1Cとスミ
つまり表紙と裏表紙、および表紙をめくったところと裏表紙めくったところはカラー
中のページは1色の色と黒の濃淡でできているという印刷物です。
わかりにくいか…。

そう言えば4つ前のブログでカラーチャートをupした記憶が…。

この場合、パレットには余計な色は入れない。
特色とスミだけのパレットを作ります。
特色パレット
グラデーションも、パターンも、すべてこの中の色を使って作るわけです。

それが、今回色校正でノンブルが抜けているページがあったと言われた!!
あ、ノンブルっつーのはページの数字のことね。
ページのすみっこにあるアレです。

もちろん途中でpdfで何人もの人が確認してる訳です。
これは毎回BK100で指定しています。
スミ100%、真っ黒。
スミ100

それがっ

確認してみると、なな、なんとこうなってた!
むらさき
意味がわからん。
pdfでページ全体を見ると、ほとんど紫だってわからない。
だいたい数字が間違っていなければ、
色の違いはそんなにチェックするところではないので
(真っ赤とかになってたらさすがに気づくと思うけど)
初校でも2校でもスルーされてしまって、色校出してみたら
特色とスミ以外の所がヌケて、そこだけ色がなくなってしまったというわけ。

もちろん私がそんな色を指定するわけもなく
でも最終的にデータがそうなのであれば私が何らかの形でやったんだけど
1ページじゃないの、3ページも!
それもページはバラバラで、その3ページともこの紫の色!

何でだろう。ちょっとこーわーいー
ぶるぶる ヒィー(((゚Д゚)))

グラフィックの仕事と、Webの仕事を同時進行していると
パレットがRGBだったりCMYKだったりして、
RGBパレットと気づかずにパレットからスミ指定して
そのあとCMYKに戻すと
にせスミ100
こんな事になっちゃう、というのは経験済み。
これはかなり気をつけていたんだけど…。

今回の紫事件はどこでどうなったのかが全くわからず…。

でも色校でホントよかった。
印刷されちゃったら大変な事だったよ。

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/24 (Wed) 21:05 | # | | 編集
Re:

イラレよー。

2012/10/24 (Wed) 21:16 | kumiko #- | URL | 編集
その後、、

今更なコメントですが、猫じゃなくて?


先日、RGBのスミのまま印刷所にデータ入稿してしまったアホです。
社内のデータだとRGBのほうがきれいだったりするんで。。

2012/10/28 (Sun) 22:16 | はっぱこ #- | URL | 編集
猫なのか…

一度何かでデータが変わっちゃったものを、コピーして使ったのかも。でもその何かが問題なんだよね。パレットにない色を猫がちゃんとパーセント指定するわけはないし…w。いまだに釈然としません。

2012/10/29 (Mon) 09:46 | kumiko #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する