切手の話 つづき

昨日の続き。
フリーマーケットなどで売られている切手パック
切手1
これを開けてみると、表面はシブめの裏紙なしの切手だけど
下の方は、アンコ用に(!?)裏紙付きのUSAの通常切手がわんさか
分類して
まず分類して
積み上がり
同じ物が沢山のうえに、スタンプの入り具合もおざなりなものが多い(T_T)
パックして
星条旗てんこ盛りの通常切手はとりあえずひとまとめに(これは別な用途で活躍の予定)
水につけて
水につけて裏紙をはがす。一番大きい紙パレットに貼付けて行く。
こうするとはがれやすいので。昔はガラスに貼って乾かしたりしたけど
糊の跡がつくのでね。
シールの切手
最近のシールの切手は、はがしにくいし乾くと丸まったりしてキライp(`ε´q)
昔ながらの、糊の4方がギザギザのが好き。
シール切手は長辺がまっすぐに切られているのが多いのよ。
それも切手っぽくないと思う。
オランダの女王の切手
これはオランダの女王さまの通常切手。
小さいサイズも、微妙な色の違いも素敵。
シンプルな切手
こういう1色刷りのシンプルなものも好き。
何しろ、世界の人々があの小さい紙の中にそれぞれの世界を作り上げているという所にカンドーし
お国柄や色の趣向、デザインの傾向なんかも垣間見えて、楽しいのよねー。
だんだん収拾がつかなくなって来てるんだけど( ̄▽ ̄;)







スポンサーサイト



コメント

収集の収拾

つかなくなりますなあ・・・
観光地とかで売っているいかにもスーブニール風の(でも古い)パックというのを買ったら300枚って書いてあったのにゆうに600枚くらい入っていた。中国の古そうなヤツとかも混じって・・ニセモノ感も・・

2012/07/12 (Thu) 13:48 | 六番町 #- | URL | 編集
分類の方法は…

好きな方から一軍、二軍、三軍的な感じにするしかないかなぁ…と。あ、例えが違った。代表、リーグ、サテライトみたいな感じか。そしてその中に花チームとか、動物チームがあるみたいな(悩み中)

2012/07/12 (Thu) 15:52 | 購買部長 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する