ホップのぐるぐる散歩

家のホップ(柴犬)は16才です。
もうかなりの老人、じゃなかった老犬ですが、元気にやっとります。

若い時に緑内障で全盲になったのですが、
そんな事は感じさせない引きの強さで
ちょっと前までは、散歩に出たとたん人が引きずられているという感じで
200~300mは全力ダッシュという犬だったのです。

まあ、さすがに最近は歩みも年相応ですが
ここに来て散歩に変化が出て来ました。

目の見えない人が、首を左右に振ることってありますよね。
スティービー・ワンダーとか辻井伸行さんとか
それと同じなのかどうか
ホップもジグザグに歩くことの多い犬だったのです。

それが最近はこんな感じです。
散歩の軌跡

黒矢印が私。ピンクがホップ。
散歩の初めはゆっくりで、ある所まで行くと動かなくなり
そこで右回りに誘導すると、徐々にスピードを上げて
ぐるぐる散歩の始まりです。

最近はずいぶん私も慣れて来て
リードが自分に絡まったりしないように
後ろ手で、右から左へ受け渡し
さらに「大股でズンズン歩くダイエット」を実施中なので
私もガンガン進みながら、ホップとぶつからないように
さらに気持ちよくぐるぐる回れるように
犬使いの技術も向上して来ました。

これも人や車の少ない所に引っ越したおかげ。
都会だったらなかなかこういうことは出来ないと思う。

しかしよく考えてみると、
ホップは私の3倍は歩いているなぁ。という事に気がついたのでした。
脳の99.9%で食欲で占められていると思っていたけど
なんか自分なりの工夫でちゃんとバランスをとっているようです。

右回り中
今日もぐるぐる


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する