横浜トリエンナーレ

夏からやってた横浜トリエンナーレももうすぐ終わり。
11/2になんとか時間を作って見に行って来ました。

「世界はどこまで知る事ができるか」をテーマに、
新作あり、旧作あり、年代も国もランダムに並び
(と、言ってもキュレーターの意図が感じられて)
私としては、なかなか興味深い展覧会でありました。
オープニング
これは11/2のオープニングパフォーマンス

作品1
撮影可の作品もあり、これは大きな電球が下がっているんだけど
(下の方に人の頭があるので大きさがわかると思う)
ひとつひとつの電球は、ある家庭とつながっていて
その家が電気を着けると、こちらも着くしくみ。

ダミアン・ハーストの新作に驚いたり、
(蝶の羽がびっしりのやつね)
こってり味の中国のアニメを見たり
途中にイサム・ノグチがあったり
アート的にお腹いっぱいになる展覧会でした。
「世界はどこまで知ることができるか」には沿ってた。
でも、もう少し羅列から整理への方向が見えると良かったんじゃないかなぁ。
と、学芸員の資格持ちのワタクシは生意気な事を言ってみました(汗)

お昼はここで
NGK

こんな感じ。
らんち

妹のおごり。いひひひ。

スポンサーサイト



コメント

NewYork Grand Kitchan
略してNGK
およ、なんばグランド花月と一緒や!

2011/11/05 (Sat) 18:29 | #pU6W4oVo | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する