個展終了しました

池之端ストアフロントでの個展が終了しました。昨日搬出も終了しました。おでかけ頂いた方、大変ありがとうございました。雨を見ながらゆっくりお話できた方も多く、良い時間を過ごしました。誰もいない時にも1人で雨を見て色々なことを考えました。雨、ちょっとだけ伸びましたw 反省点、次への課題、いろいろありますがまずはこの作品をどう収納するかを考えます。 そしてもう1つのbefore-after今年の河津桜は、昨年...

個展の前半終わりました

2/10からの個展、前半の土日が終了。残りは、平日の3日間。画廊の中で雨が降ってますが、雨は日々伸びております(^^)本日2/13は休廊。明日2/14から3日間頑張ります。個展インフォメーションは1つ前の記事へ...

個展やります

2月10日から池之端ストアフロントにて個展を開催します。雨の野の迺(あめのののの)と読みます。いったいどんな展示?と思ったら見に来て下さい。 ダウンロードはこちらから。今回はキュレーターの山内舞子さんに紹介文を書いていただきました。小木は全日在廊の予定ですが、12日、13日はギャラリーがお休みです。お気をつけ下さい。ぜひお気軽にお立ち寄り下さいまし〜。...

身近なパッケージ

色々なパッケージをスクラップしたり海外の素敵なデザインに心奪われたりしている私ですがスーパーやコンビニで見かける身近なパッケージにもむむ、と思うものがあったりします。例えばこれ、四角い1ℓ紙パックの角が1辺だけ流線型に平らになってる。パックの角を落としていると言ったらわかりやすいかな。濃いグリーンの部分が手に優しい設計になっています。たぶん、この形に至るまで多くの数学的計算とたくさんの試作品が作ら...

ユニークな紙

先日竹尾見本帖本店で、紙のかたち展2を見て来ました。そこで出会ったユニークな紙「ねり紙」和紙2枚の間に細い針金が入っていて、紙が容易に立体に変わる!何かを型取ったりもできる。紙本来の美しさと立体にもなる面白さ。むむ、これは「ねぶた」に近いのでは…と思った次第。 青森市民の魂をかき立てるねぶたは和紙と竹で出来ているのでした。次の個展の大きなヒントになりました。ふるさとに帰る感じ!!...