金工ワークショップ

今年初めて葉山芸術祭に参加しました。個人宅をギャラリーにして、お庭で金工ワークショップ。私も参加してみました。当たり前だけど、金属は硬い!紙のようにはいきません。切るのも形を変えるのも、もう大変!その様子をまとめました。だいたい2時間くらい…。お皿の深さを出してくのが難しかった。一枚の板から、お皿になるまで。矢印に沿って見てください。叩いてなましてまた叩いて。これだけの道具が自由に使える機会はなか...

翻訳できない世界のことば

大人向けの絵本です。世界の色々な国の、独特な表現が他の言語に訳しにくい言葉を集めた本。まずは数ページ紹介します。オランダ語 形容詞 ヘゼリヒハンガリー語 形容詞 シンパティクシュヒンディー語 名詞 ジュガールこのような言葉が50個以上も紹介されていて、ふむふむとか、ヘェ〜とか、なるほどとか絵とともに眺めるのがとても楽しい。ちなみに日本語の「わびさび」「積ん読」も収録されています。例えば津軽弁で「あず...

iMac交代劇

(昔話の語り口で)平成も終わろうとする頃小木のMacが壊れたそうじゃ。前日まで何の問題もなかったのに、ある朝電源が全く入らなくなり体は冷たく、人知れずひっそりと亡くなっていたそうじゃ。さて、普通のモードに戻りますが…そうなんです。ある日突然!ひぇぇ〜。今までのMacの死に方と全然違う!私のiMacは2009lateという代物。メモリ増設はしているものの一体どこまでOSのアップデートが可能なのかAdobeのCCも2019版にしても...

平成の終わりに

新聞を使ってアート作品を作っているものでうちには新聞がたくさんあります。本棚一個分の外国の新聞や日本の古新聞も。平成の終わりに昭和の終わりの新聞をひっそり貼っておきます。昭和天皇崩御の日の夕刊と2日後の朝刊。「ひっそり」の意味は、何の意図もなく昭和の終わりがこうだったという事実を提示するというような。あえて言えば古新聞をかなり後で見るのも興味深いという紙のヘンタイならではの画像として見ていただける...

はがきハイク

俳句をしたためた葉書がときどき届きます。デザイナーのお友達が長年続けているプロジェクト。20号おめでとうございます。2010年はまだ震災前でしたね。素敵なデザインと、日々のことを丁寧に見つめる俳句。毎回「ふむふむ」とか「ほほう」とかこの葉書をきっかけに色々なことに思いを巡らせます。俳句ってそういう独特な時間を生むね。 私、恥ずかしながら今回の「萵苣」が読めませんでした。検索しようにも、読みがわからな...